ほさかいずむ

これから、どこへ向かおう?

きゃんぺん考

いずみが所属しているお店では

半年に一度、一ヵ月半ずつの期間で

「ボトルキャンペーン」という…

悪の儀式(笑)があるのですが。

内容は従業員ひとりひとりに売上目標を決めて

それに向かってボトルいっぱい売ろうぜー!というもの。

といってもボトルの値段が安くなるわけではないので、

お客さまにとっては普段と何も変わりません。


しかし!ここからが「R」のすごいところで

なんと「キャンペーン中だし入れてやるかぁ」といってくださる

優しいお客さまが、結構いらっしゃいます。

普通は今飲んでいるボトルがなくなったら、

少なくともなくなりそうになったら、次のボトルを考える…

それが普通なのに、ありがたいことです。

そんなお客さまからの「R」への愛によって

「R」は今夜も営業できるのです。うん。

もちろんいずみも負けないくらいお店を愛してますー!

でもお店側はそれだけじゃ満足してくれないみたいで。

それどころか売り上げを伸ばすことで愛を確認されてしまいます(笑)

モノより思い出…というのはフェイクだったくぁー!

「キャンペーンなので入れてもらえて当たり前」

みたいな考え方は嫌いなので、押し売りはしません。

「ボトル入れてあげるから食事でも~」という

お誘いは、3本~条件によって賜ります(笑)うそうそ!


ここから、ちょっと真面目な話になるけどいい…?


いずみの過去のキャンペーン成績のお話。

実はこれが、すごく悪くて…。目標達成!はおろか

最終日に「これ半分いってないよね?!!(汗」

なんてこともザラにありました。(さいてー…)

もち、ちゃんと真面目に売っていたつもりだったんですけど。

「営業力が低い」って言われて、ずーんってへこみながら

地下鉄乗ったことも一度や二度ではありません。

「私、お店の役に立ってない…?」ていう気持ちはすごく重たい。

姿勢で言うなら三角座り。文房具で言うならスティックのり。

…いや、それくらい「閉じてる」って言いたかったんですよ。(笑)

逆に売り上げにこだわりすぎて、

「いずみちゃんらしくないね」って言われたこともある。

その時は「地味で、サエない、サポート役」が「私らしい」の?

なんて卑屈になってみたりして。

話が上手くて、華やかな容姿の他の女の子を羨ましく思ったこともある。

伸びないグラフとにらめっこするのに疲れて

「この仕事向いてないかも…」って考えたことも、何度もある。


ここで優しいあなたは、コメント欄に「そんなことないですよ~」って

打つ準備をしてくれていたかもしれませんが(笑。ありがとう)

もうちょっと聞いて。

実は今回、成績結構いいんです。

まだまだ達成には程遠いのですが、それでも今までと比べると格段にいい。

ほんとはね。数年前メイドカフェでお仕事をさせてもらっていた時から

地味で頼りない自分が嫌で、周りの女の子が羨ましかったの。

「いずみさんはナンバーワンにはなれない。でもお店にとって大事な存在」

そうお客さま(ご主人様?)に言われたときも、笑顔でお礼を言いながら

「そんなフォローいらんわ!」って心の中で涙目になってたり。

でも今思えば、このお客さまの言葉、なかなか鋭いです。

そしていただいた言葉を、素直に受け止められなかった自分が恥ずかしい。


ナンバーワンよりオンリーワン!…とは、言いません(笑)

誰だって一番になりたいし、さらに上を目指したいもんね。

ただ。

「サポート役」ってすごい誉め言葉なんだ、ということ。

そして、華やかな原色の魅力があると同時に

落ち着いたカラーの魅力も確かにあるんだということ。

それに気づいた瞬間、世界が変わりました。

いずみの中の、「仕事世界」が。

そのとき、直接の売り上げよりも、

長くお店と付き合ってくれるお客さまを大事にしたいと思いました。

「地味でサエない私」は「素直で安心できる私」に変換されました。

ずっとずっと気持ちの中にしまっていて、開けるとちくりと痛む部分。

それはときに卑屈や嫉妬の気持ちを生み出しました。

別の部分でちいさな喜びや憧れの気持ちが輝くとき、

そのたび深くおそれていました。

端的に言うと「どうせ私なんか」という、あの気持ちです。(笑)

でも…ちいさな灯りと暗い部屋、どっちもあって

大事なことに気づくことができたので、よしとします。

気づかせてくれたのは、今までにいずみが出会った

魅力的な仕事仲間と、お店を愛してくれるお客さま、みんなです。

ここで名前を全部出してお礼をいいたいけれど

きっと書ききれないので、ここを見てくれている

いずみが大須のお店(×2)や

「R」で一度でもお会いした従業員のみんな、お客さまは

自分のことだと思って受け取ってください。

ありがとう。


キャンペーンは今日も含めてあと2日!

残り本数あと10数本…。

達成してもしなくても、がんばるどー。

えいえいおー。


あう、泣きそうです…やば。

しかもやっぱりUPするのやめようかなとか思ってます。(笑)

でも一度読み返すと、あれもこれも削りたくなりそうだから

このまま保存ボタンを押します。言い逃げ。