ほさかいずむ

これから、どこへ向かおう?

一杯の重み

とある酒販メーカーさんの
展示会にいってきましたー!
普段出展者側であることが多いのですが
はじめて?かな、お客さんとして、展示場へ!
名刺をごっりごり交換してきました。
気になる新製品もいろいろ試してきました。

最近では
・低アルコール/ノンアルコール化
・フルーティ、とかカラフル、とか飲みやすい、ライトな
・半フローズン展開
みたいな感じで、軽く軽くというのが流れみたい。
ハイボールが定着したことと
そもそも外食でお酒を飲まなくなっていることが関係してますね。

バブルの時代のように
カクテルやウイスキー
「思い出の一杯」みたいな
「コダワリの一杯」みたいな
「あの人はいつもコレ」なんて場面があったり、とか
そういう使い方をされなくなってきました。
気軽に気軽に、薄く軽くで
よりソフトドリンクに近い位置になってきたというか。

そういう時代だからこそ
より、みなさんにおいしくお酒を
召し上がっていただけるように
それだけじゃなく
一体感や、楽しみや、気持ちをつなぐ
「きっかけ」の一杯となれるように。
時代や場面に寄り添ったお酒との付き合い方を
ほさかも考えていきたいと思います。

もちろんソフトドリンクもね。
まだまだ勉強したいことがたくさんあります。

それにしても・・・
フローズンビールに発泡日本酒・・・
面白いけど(飲食店のメニューとして)定着するのかなー。
様子見ている間に乗り遅れるのも嫌だなー。
むむむ。悩ましいです。

今日はいいヒントをたくさんいただいたので
Ninety.にはこの夏に向けて
「手仕込み」と「遊びごころ」をテーマに
提案していこうと思います。
飲みやすいの好きー、なかたも
ドシンとしてなきゃ嫌ー、なかたも
どうぞご期待ください。ですよ。